津城俊幸公認会計士・税理士事務所


公認会計士・津城俊幸ブログ




津城 公認会計士・税理士 事務所のホームページへようこそ!
公認会計士・税理士の津城俊幸と申します。
昭和59年に東京都江戸川区にて会計事務所を開業し、20年になります。
様々なお客様と触れ合いの中で、税理士・公認会計士の仕事は「サービス業」であるのに、現在の会 体系では、サービスを提供しているという意識が低かったのではないか?  そして、会計事務所の料金体系は非常に曖昧で、他社と料金の比較が出来なかったのではないか? という2つの疑問点に気付き、より皆様のお役に立てるにはどうすれば良いか?  を切実に受け止め、熟考し、辿り着いたのは「簡素で、安価で、明確な税務会計の新しいモデル」を作り上げる事でした。

簡単ではありますが、税務会計の新しいモデルをご説明させて頂きます。




税務会計は本来、経営活動の結果を記録・報告するものであり、いくら詳細に綿密に記録しても、税務会計業務それ自体からは1円の粗利益も生まれるわけではありません。
ですから、税務会計は出来るだけ簡素に軽装備を旨とし、経理関係の人件費も同規模の他社と比較して過大にならないように気をつけなければなりません。
売上高が5億円以下、特に1億円以下の中小企業(あるいは、従業員100人以下の中小企業)は、役所が定めている上場企業用の詳細かつ複雑な会計規定や、財務諸表の作成基準に準拠する必要は全くありません。
従来の税務会計業務を細分化し、御社にとって必要・不要を判定し、必要なエッセンスのみでシステム化する事により、今まで浪費していた人件費・人的労力を直接利益の発生する部門へシフトする事が可能になります。
正直に申し上げると、税務会計業務の見直しを行っていない企業には、依然として無駄が生じている事になります。
しかしながら、「何を基準に必要・不要の判定をするのか…」「どうやってシステムを構築し、効率的に運用していけば良いのか…」と頭を抱える事でしょう。




上記に示した通り、中小企業の会計システムは、自社の経営規模に合った、簡素で、有効なものでなければなりません。
また、会計データの利用方法は、せいぜい5〜6種類の財務比率や、集計データに絞って、簡素にポイントと全体像をつかむように心掛けたほうが良いでしょう。
20も30も財務比率や集計データを計算したり、作成する必要はありません。
財務分析や、データの収集それ自体が目的になりがちですから十分注意しましょう。
IT化の波も会計業務に多大な影響を与えております。
ハードウェアの低価格化はもちろん、ハイスペック化、及びダウンサイジング化、ソフトウェアにおける低価格化により、現在ではあらゆる業務においてパソコンを効率的に利用しており、会計業務に関してもパソコンを利用する事により、以前と比べて会計システムの構築が安易になりました。
パソコンを利用した会計システムの構築は、環境・ノウハウが御社の資産になります。
自社で処理可能な会計業務が増えれば、会計業務に必要としていた費用を軽減する事が出来ますし、システムを確立する事により経理関係者の退職や人事異動の際にも引継ぎがスムーズに行えるというメリットも生じてきます。
大手企業などでは、自社の税務会計、及び事務的作業に最適なシステムをオーダーメイドで構築し、効率的に運用しているケースが殆どでしょう。
しかし、オーダーメイドのシステム開発には多額の開発費用を必要としますので、簡素なシステムとは言えなくなり、中小企業には不要であるとも考えられます。
当事務所では、システムエンジニアとの共催により、ハードウェアの導入・低価格な会計システムの構築・運用(自計化システム)を積極的に奨励しております。

  (自計化システムの詳細はこちらをご覧ください)




料金体系を予め明示しておく事は、お客様との信頼関係を築く上で非常に大切であると考えます。
当事務所では「税務会計のニーズ」「公認会計士・ の年間訪問回数」「御社の年間売上高」を要件とし、20年以上の経験から人的 労力を算出する事により、4通りの料金表をご用意しております。
当事務所の料金表をご覧頂ければ料金が明確に分類されている事がお分かり頂けるでしょう。

  (料金体系の詳細はこちらをご覧下さい)




決算書や財務比率は、単に過去や現状の会計的数字による報告であって、これをいくら正確に作成・計算しても、問題点の分析や業績向上 のための対策は、それらの計算や分析からは自動的に出てくるものではありません。
それらは別途、社長の営業戦略・商品戦略等として検討しなければならない、いわば「社長の仕事」であり、会計担当者の仕事ではありません から勘違いしないようにしなければなりません。
当事務所では、経営コンサルタント会社を併設し、会計事務所の枠を超えて御社の経営改善のお手伝いをする事が可能になりました。
中小企業において高い実績を誇る「ランチェスター経営 株式会社」の経営戦略と、当事務所の20年の経験・ノウハウをバックボーンとする財 務分析により、御社の経営を全面的にサポート致します。

  (当事務所併設 経営コンサルタント会社 マネージメントソフト ホームページ)




以上が、当事務所がご提供する税務会計の新しいモデルです。
従来とは異なる全く新しい発想の簡素で・安価で・明確な経営パートナー関係が築ける事と思います。
自己流の経営でお悩みの経営者の皆様、いつでもご相談下さい。
成功するノウハウがはっきりと見えてくるはずです。

                                        津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所
                                              所長 ・ 公認会計士
                                                 津城 俊幸


Copyright (C) 2004 - 2016 津城俊幸 公認会計士・税理士 事務所 All Rights Reserved.